SSLを導入する際のメリットデメリット

SSLを導入する場合の、メリットとデメリットを知りたい。 - なぜSSLが必要か

なぜSSLが必要か

あなたはSSLというものを知っていますか。恐らく、SSLという言葉を聞いたことのない人が多いかもしれません。
また知っているのならば、なぜSSLが必要か理解していますか。
今回はそのSSLの必要性について紹介します。

●なぜSSLが必要なのか

最近また増えて来た詐欺としてフィッシングやなりすましサイトがあります。
それは、悪意のある第三者が会員制サイトやECサイトになりすまして、本物を装うことをさします。
そして、ウェブサイトへ誘導するメールを送り、パスワードや決済情報などの重要な個人データを取得するなどの行為をし、被害を拡大させることです。恐ろしいですよね。
SSLが導入されていないサイトにはこれらを区別することが出来ないため、ハッキングされてしまったり、上記のことを防ぎきれず被害が出てしまいます。
gfrtrs

●機会損失の回避

情報保護の必要性を決めるのは、ウェブサイトを利用するあなた自身です。
もし自分の名前程度であれば情報保護が必要ないと判断する人もいれば、名前のみでも情報保護が必要と判断するという人もいます。
そこでウェブサイトがSSL対応をしていなかったから、お客様がそれ以上の入力を辞めて、離れてしまうという機会損失は絶対に減らさないといけないと思います。
以上のようにSSLにはさまざまな必要性がありますが、どちらにせよお客様のために信頼感を得るためには欠かせないものということです。企業側にはとても欠かせないものとなるでしょう。
自分の重要データをハッキングから守るための反面として、そこがSSL対応であれば信頼感を得ることが出来るという面もあります。
情報が第三者へバレたくなければ、SSLを使用することをおすすめします。

関連する記事

アーカイブ

△PAGE TOP