SSLを導入する際のメリットデメリット

SSLを導入する場合の、メリットとデメリットを知りたい。 - なぜSSLによる実在証明が必要か

なぜSSLによる実在証明が必要か

あなたはなぜSSLによる実在証明が必要か知っていますか。
今回はそのなぜSSLによる実在証明が必要かを紹介します。
実際にSSL暗号化通信によりインターネット経路上での情報漏えいを防ぐことは可能です。
しかし、サイト運営を行う企業が、そもそも悪意を持っている場合は情報漏えいを防止することができません。
このため、信頼される認証局がサイト運営企業に対して審査を行い、その実在性を証明したうえでSSLサーバ証明書を発行しているのが、このSSLサーバ証明書と言われるものです。
このようにインターネットユーザーに安心してサイトを利用もらうためには、実在証明を行ったSSLサーバ証明書を使用することがポイントです。
以下の方法で審査を行い、ドメインを所有している企業の実在性証明を行なっています。
・登記簿謄本など公的機関が発行する書類
・社会的に信頼された第三者機関が管理するデータベースの登録情報
・企業の代表電話番号から申請責任者を辿り本人の在籍と申請意思などを確認
上記の1つでも確認が取れない場合は、証明書を発行することができません。
サイト運営企業から考えると書類の提出や電話に応答する審査が面倒ということもありますが、ユーザー側の立場で考えると、実在証明されていないと、WEBサイトが本当に実在する信頼できるものかどうかを判断できないという問題が発生します。
そうするとお金が関わってくる取り引き以上、信頼関係が成り立ちにくいため発展はしにくいかと思います。

関連する記事

アーカイブ

△PAGE TOP