SSLを導入する際のメリットデメリット

SSLを導入する場合の、メリットとデメリットを知りたい。 - SSLを入れるメリットとデメリット

SSLを入れるメリットとデメリット

あなたはSSLを導入するメリットとデメリットをきちんと理解していますか。
確かにSSLを導入することで得られるメリットはとても大きいものがありますが、それに伴って起こるデメリットもきちんと理解しておく必要があります。
主にSSLを導入するにあたってのデメリットは3つあります。
1つ目はSSL証明書、移行作業などのコストです。
これはドメインの契約やサーバーの契約のように簡単に証明書を発行できる訳ではなく、時間や手間がかかってしまうことです。
逆に言えばそれほど手間がかかるからこそ信頼できるページになるということも言えるため、一概にデメリットとも言えないのかもしれませんね。
2つ目はデータ転送量、CPUなどのリソースの負荷です。
実際にそのページにセキュリティとして加わるため、データが多少なりとも重くはなってしまうため、データの転送にスピードが遅くなるなどの弊害は起こる可能性があります。
nfgfg
3つ目はHTTPでのサイトの評価、リンクなどを正しく引き継げないリスクがあるということです。
今まで時間をかけて育てて来たサイトの評価をURLが変わってしまうことから引き継げないリスクが生まれます。
それはSSLを導入することでURLがhttpsになってしまうため、その際にサイトの評価や、リンクなどを正しく引き継げない可能性があることは理解しておいた方が良さそうです。
あなたもこのようなデメリットがあることをきちんと理解した上でSSLを導入するようにしてくださいね。
あなたはなぜSSL証明書が必要か知っていますか。
今回はそんなSSL証明書の必要性を紹介していきます。
そもそもSSLサーバ証明書とは、情報を暗号化するSSLの機能に加えて、ウェブサイトを運営する会社の身元を確認できる機能を備えているため、安心・安全を証明してるものでもあります。

なぜSSLが必要か
常時SSLが必要な理由
信頼度アップのためのSSL
なぜSSLによる実在証明が必要か

SSLサーバ証明書の役割1
1つ目はウェブサイトで入力する情報を暗号化してくれます。
あなたのブラウザとウェブサーバとの通信をSSLで暗号化することで、第三者から個人情報を盗聴されることを未然に防ぐことができます。
SSLサーバ証明書の役割2
2つ目はウェブサイトの運営者を確認できます。
あなたの見ているショップは実在するホンモノのサイトですか。
偽物ではないと言い切れますか。
それを証明して確認してくれるのがこのSSLサーバの役割です。
実際にSSLサーバ証明書はどこで使われているか
ネットショッピングをする際に個人情報を入力するタイミングがありますよね。
主にそのタイミングでこのSSLが役に立ってくれます。
https://sslcheck.globalsign.com/ja
SSLサーバ証明書は個人情報やカード番号などの、自分以外の人に知られると困る個人情報を入力するウェブサイトに導入され、第三者に悪用されると大きな被害につながる情報をしっかり守ってくれます。
あなたもこのSSLサーバ証明書がなぜ必要かを知っておくことで、自分が開業する時に役に立つだけでなく、自分がお客としてサービスを利用する時にも安心して買い物を行なうことが出来るので、しっかり理解しておいてくださいね。

更新情報

アーカイブ

△PAGE TOP